ワンダーに満ちた湿原の風景

こんにちは。

管理人の ふぅです。

 

おまたせしました!

今月の Gallery -暦-

「Gallery -水無月-」 を 更新しました!

 

6月の作品は「湿原・霧」です。

 
6月になりました。

昨日はスーパーマーズ、見られましたか?

来週から梅雨入りかも、というニュースとともに、

火星大接近を人づてに教えてもらい、

私はギリギリ夜空を見上げることができました。

と言っても、もうしばらくは明るい火星が見られるそうなので

まだ見てないという方は、南東の夜空で火星を探してみてはいかがでしょうか(^^)

星の鑑賞のためにも、いいお天気が続くと嬉しいですね。

今月は、もうすぐ梅雨入りのシーズンらしく
画伯曰く「湿っぽい」一枚ということですが

エメラルドグリーンに輝く霧に包まれた湿原の風景は
緑のエネルギーが半端なく強いなぁ!
そんな印象を一番に受けました。

穀雨、立夏、小満を経て芒種を迎えるこのごろの、
今の時期ならではの
草花、木々や山々
留まることを知らない植物の成長する姿に
毎日元気をもらっているからか、
なおさら、そんな風に感じたのかもしれません。

というわけで、
今回は緑の勢いに注目して作品を鑑賞してみました。

ここは緑の世界。

たくさんの轍が伝える人々の軌跡をたどって

この地に奇跡的にたどり着いた時、

途切れた道の向こうに

果てしなく広がるエメラルドグリーンの海は、

こんなことを問いかけているようです。

この先、どんな道を描こうとするのか、と。

かつて栄えた文明を思い起こさせる

打ち捨てられた人工物に宿る緑。

自然に飲み込まれてしまったのか、

それとも、自然に還ったのか。

大いなる謎は深まるばかり、

ワンダフルな一枚です!

 

 
それではさっそく、今月の作品をどうぞ

 Gallery -水無月-《湿原・霧》へは、こちらからどうぞ。

 

 

 

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

【個展のご案内】美しい驚き 泉谷淑夫展 2018

【発売中】サイン入り新作品集はこちら!

『美しい驚き』

『美しい驚き』泉谷淑夫・著/出版芸術社/2016/11/08 /定価 3000円+税