無限大∞バースデイプレゼント。

こんにちは。

管理人の ふぅです。

 

おまたせしました!

今月の Gallery -暦-

「Gallery -如月-」 を 更新しました!

 

2月の作品は「冬の散歩」です。

 

冬枯れの草の上を歩く、黒いマントの人物の、

ブーツの両足、

と、猫。

画面を構成する主なモチーフはこれだけです。

 

今月の作品を見て「あっ」と思われる方は、
このサイトをチェックしてくださっているみなさんの中には
たくさんいらっしゃるかもしれませんね(^^)

 

今月の《冬の散歩》は、
12月の作品でも登場した、彼の自画像ともいわれ
代表作としてもよく知られている、
あの作品の本歌取りとしても楽しめる一点なのです!

(絵画だから本画取り?)

 

この作家が誰なのかは、
この記事の後半で明らかになります。

 

そして、

今回の作品は、泉谷画伯からのバースデイプレゼントとして

贈られた一枚でもあります。

その相手は誰でしょう?!というのも気になるところですが、

ヒントは、作品を見ていただければ!

ある人は、絵の中に描かれているからです。

 

猫さんではありません。

 

この絵の元となった作品に登場するのは、

がっしりとした体格の男性なのですが

それに比べると

《冬の散歩》の方の人物は、やわらかく華奢な雰囲気です。

 

しかし何より、一番の違いは

画面の形です。

元の作品は縦長の長方形ですが、

《冬の散歩》の方は、横長の八角形という

とても珍しい構図で描かれています。

 

私は、八角形の絵をこれまでに見たことは無かったように思います。

 

ところで、

「8」という数字には、

末広がりで縁起が良い、と喜ばれたり、

横にすると∞(無限大マーク)になることで

永遠に続く豊かさや繁栄などの意味も読み取ることができ、

大切な人への言祝ぎや幸運を祈る、

そんなロマンチックな願いも

込められているのかなぁと想像してしまいました(^^)

 

そして最後のヒントは、

 

この絵には猫が登場するのですが

その目はマントと両足しか見えない人物のことを

まっすぐに見つめています。

 

そろそろ画伯がこの絵を贈った人物が誰なのか

イメージが膨らんで来た頃かもしれませんね!

 

正解は、ぜひ、今月の作品で(^^)

 

そうそう、もう一つの答えについても、

簡単にご紹介しましょう。

この絵の元となった作品は、解説の方でも詳しく紹介されていますが

アンドリュー・ワイエスの《踏まれる草》

です。

一度、何処かで見かけたこともあるかもしれません。

 

私も印象的なこの作品について、知ってはいましたが、

細密なで繊細な描写が見事で、表面的に見えるものだけに満足してしまい

目には見えない、

例えば絵の中で紡がれる物語にまで

思いを馳せる機会が無かったような気がします。

ですが今回、そのワイエスの作品が、

泉谷画伯によって、現代風に、新しい解釈でアレンジされ

《冬の散歩》として楽しんで鑑賞できたことで

元の絵のことももっと、別の角度からじっくり味わってみたくなりました!

 

みなさんはどんな感想を持たれましたか?

メッセージなどいつでも、おまちしています(^^)

画伯も楽しみに待っています。

 

また、今月の作品は、新しく展示替えされた「私設ギャラリーの」方でも

ご覧いただくことができます。

興味がある方はぜひ、実物をじっくりと鑑賞してみてくださいね!

(私設ギャラリーについては、また近いうちにご案内します。)

 

最後になりましたが、

2月にお誕生日を迎えられる猫さんが見つめる先の絵の中の方へ

お誕生日おめでとうございます☆

 

それではさっそく、今月の作品をどうぞ

 Gallery -如月-《冬の散歩》へは、こちらからどうぞ。

 

関連記事

  1. 2014.10.01

    kiss! kiss !
  2. 2015.03.01

    早春の便り。

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。