あったかい「おかえり。」の一枚

こんにちは。

管理人の ふぅです。

おまたせしました!

今月の Gallery -暦-

「Gallery -文月-」 を 更新しました!

7月の作品は「夜の牛舎」です。

 

碧と深い緑色の世界を照らす

月光と牛舎の明かりの穏やかなあたたかさに

すぅ〜っと引き寄せられました。

太陽の燦々と降り注ぐ日中の風景ではなく

仕事帰り、家路を急ぎながら目にした景色というところが

働く大人の目線だなぁ、と

どんどん想像が翼を広げてゆきます。

空や木々の広がる自然の隣で、

人々の営みの気配がしっかりと息づいていることをうかがわせる

窓越しの光や手入れの行き届いた田畑。

この作品を前にするといつも、

日本の田舎ののんびりとした時の流れや

風の匂いに包まれているうちに、

一日の様々な出来事からも解放され

心地よい気分になります。

 

いつもながらの、愛情あふれる画伯の眼差しに

この風景が応え、

奇跡の一瞬、優しい美しさを

出現させてくれているのでしょう。

 

この夜の風景は

今日一日をガンバッた

すべての働くおとなの皆さんへの贈り物。

 

「おかえり。」と優しく迎えてくれる

そんな癒しの一枚ではないでしょうか(^^)

 

 

それではさっそく、今月の作品をどうぞ

 Gallery -文月-《夜の牛舎》へは、こちらからどうぞ。

 

関連記事

  1. 2015.12.01

    師走の色

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。