ネコとネズミたちからの贈り物。

こんにちは。

管理人の ふぅ です。

今月のGallery -暦- をお届けします(^^)

2019年  弥生の Gallery -暦-は

「飛翔の郷」です。

あたたかい春の一日です。

梅やスイセンの花に続いて

先月の終わりには沈丁花の香りが楽しめました。

今年の桜を楽しめるのも、もう間も無くかもしれませんね。

3月は華やかな香りの風に乗って、

新しい環境へと羽ばたいていく人たちの旅立ちの季節でもあります。

今月の一枚は、

かつて、その学び舎で共に過ごした、

先輩のみなさんとその担任の先生からの

在校生といつかこの学校で学ぶまだ見ぬみなさんへの

楽しい思い出と、未来への祈りエールがこもった

春の日の記憶に残る風景です。

この作品に込められた画伯のメッセージは、今月の解説に詳しくあります。

今日のタイトルにある

「ネコとネズミたち」の謎も

そこできっと解けることでしょう♪

合わせて、

この絵の背景となったエピソードは

先日紹介した泉谷画伯の初エッセー集「二兎追流」の

第一章 書き下ろしエッセー「公立中学校時代② イズピン、うれしい!」

こちらもぜひ(^^)

その場所にはいなかった者にとっては、

謎が深まるばかりの呪文のような言葉が

印象に残っています。

イズピン とか

「CAT & MICE」 とか

あの日あの時あの場所にいらっしゃった皆さんにとっては

たくさんの思い出を無限に呼び起こしてくれる

やっぱり呪文のような言葉なのかな(^^)

エッセーを読んでいて、

独特のネーミングセンスもとても気になりました!

 

 

泉谷淑夫画業50周年記念エッセー
二兎追流
たくさんの幸運と出会いの中で〜

 

 

それでは、今月の作品をどうぞ!

 Gallery -弥生-《飛翔の郷》へは、こちらからどうぞ。

 

 

関連記事

  1. 2014.10.01

    kiss! kiss !
  2. 2015.03.01

    早春の便り。

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

【発売中】初エッセイ集「二兎追流」

【発売中】サイン入り新作品集はこちら!

『美しい驚き』

『美しい驚き』泉谷淑夫・著/出版芸術社/2016/11/08 /定価 3000円+税