羊たちの「待つ」ものは。

こんにちは。

管理人の ふぅ です。

今月のGallery -暦- をお届けします(^^)

2018年  師走の Gallery -暦-は

「待つ」です。

 

12月の天候そのもののように

どんよりと重い気配の風景を描いた一枚が登場します。

今月の作品の解説では、どうして羊たちが

このような場所にいるのか

作者もわからないと言っています。

こんなに暗い世界の中でも、どこかのんびりとした羊たち。

彼らは海辺にいるらしいのです。

食べるものをただ求めて、行動するだけの彼らが

慣れ親しんだ、居心地のよい安心な草原から移ってきたのは

何か理由があるのでしょう。

あるものは不安定な岩場に立ち、

またあるものは、どっかりと座り込んで

ほぼ全員が向こう側を見つめています。

何かを待っているのでしょう。

待つという言葉や、期待という言葉を前にした時

私たちはどうしても

善いもの、良いこと、素晴らしいものがやってくることを

どこかで望むことを止められません。

画面に漂うのは、今にも押しつぶされそうな不穏な空気ですが

それでも、現状を突破して、明るい未来が来ることを

待ち望むことを止めることはできないでしょう。

そんな小さな意思や行動の中に、生きることの秘密があるのかも知れませんね(^^)

羊たちの姿はまた、ありとあらゆる状況で

画家たちが絵を描き続けることを止めなかった姿にも

重なるように感じました。

一番暗くて寒い夜明け前のように

不安な気持ちがどこからか押し寄せてくるような時でも

何かを望んで、待つことは

私たちの中に輝く、希望の光が

一段と輝きを増すことのようにも、思えるのです。

 

それでは、今月の作品をどうぞ!

 Gallery -師走-《待つ》へは、こちらからどうぞ。

 

関連記事

  1. 2014.10.01

    kiss! kiss !
  2. 2015.12.01

    師走の色

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。