立つ、天と地のあいだに。

こんにちは。

管理人の ふぅです。

 

おまたせしました!

今月の Gallery -暦-

「Gallery -如月-」 を 更新しました!

 

2月の作品 は「凛(りん)2005年」です。

すっくと立つ一本の木に出会ったとき、

画家に沸き上がったインスピレーション。

そして、この絵が降誕しました。

春の訪れを予感させる、雪の残る光景を従え、

天と地を繋ぐかのようにたたずむその姿は

タイトルにもなっている「凛(りん)」という言葉の響きによって

美しさと力強さをより深く印象に残します。

葉を全て落とした枝々の広がりは

まるで空に張り巡らされた宇宙樹の根のようでもあり、

果てしなく拡大していくスケールの大きさも

この存在感から溢れてきます。

地上のありふれた景色の中で、

待っている唯一無二の瞬間を切り取り、描き出す

画家の眼差しに、畏敬の念を感じずにはいられません。

一目見たら、忘れられなくなり

一度見たら、目が離せなくなる

そんな作品ではないでしょうか(^^)

 

それではさっそく、今月の作品をどうぞ

 

 Gallery -如月-《凛(りん)》2005年へは、こちらからどうぞ。

 

【おしらせ】

先月の「Gallery -睦月-」で紹介しました、

《光•選ばれし者》が出品中の

「50号のアート展 Vol.2」が、本日、2月1日まで開催中です(^^)

関連記事

  1. 2014.10.01

    kiss! kiss !
  2. 2015.09.01

    永遠のいま

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。