弥生、春の嵐に乗って。

こんにちは。

管理人の ふぅ です。

今月のGallery -暦- をお届けします〜(^^)

2018年  弥生 の Gallery -暦-は

「一日の終わり」です。

 

今朝の西日本は春の嵐が吹き荒れています。

交通機関には影響が出ているところもあるようですが。。。

人生の船出には最高の、

いい追い風が吹いているのかな〜(^^)

そんな祈りを込めて

強風を(暴風雨)を眺めています。

 

新しい門出を迎える方にとっては、別れや卒業の季節でもある弥生の三月、

これまで、たくさんの学生たちを送り出して来られた

泉谷画伯が

今年はこの3月で、岡山大学を去ることに。

今後は、画家としての活動と共に

新たな地、大阪芸術大学で教鞭を取られます。

画伯のお家も私設ギャラリーもあるので

岡山とのご縁はこれからも繋がっていくとはいえ

やはり、去るという言葉には

特別な寂しさを感じずにはいられません。

岡山ではよく日常的に、

タクシーの運転手さんとの会話の中でも

画家の名前や、絵画作品の話題で盛り上がるのですが

羊の画家といえば

大抵の、特に女性の方は

「知ってる!」

と返してくださる美術愛好家の人たちに、

私は会う率がとても高いです(^^)

今では、岡山では無くてはならない存在の

羊の画家泉谷先生、

 

岡山大学を旅立たれた後も、

これからも私たちは、

ふとした景色の中に、

先生の面影を見つけることでしょう。

 

まるで、今月の作品のように。

 

弥生の「弥」は

いよいよ、という意味があり

弥生の「生」には

生い茂る、という意味があるそうです。

あたたかくなって、

草木がどんどん生い茂る、

そんな季節の無限のエネルギーに乗って、

新天地での泉谷先生がますますご活躍されますように!

全ての新しい地へ向かう方々が、自分らしく輝かれますように!

 

泉谷先生、岡大に来てくださって、ありがとうございました〜(^^)

 

 

 

これからも、blogでは、

スペシャルな驚きのニュースをお伝えしますよ。

どうぞお楽しみに(^^)

 

 

それでは、今月の作品をどうぞ!

 Gallery -弥生-《一日の終わり》へは、こちらからどうぞ。

 

関連記事

  1. 長閑な日
  2. 2016.12.01

    陰影と林檎
  3. 2015.12.01

    師走の色

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。