もしいま、暗闇の中にいるような気がしていたら。

こんにちは。

管理人の ふぅ です。

今月のGallery -暦- をお届けします〜(^^)

 

2017年  長月の Gallery -暦-は

「森の道」です。

今日は9月1日、新学期を迎える学生さんの中には

わくわくしている、という人も

なんだか憂鬱で学校へ行きたくない、という人も

そろそろ受験や就活の準備、という人も。

また、新たな環境でのスタートを迎える社会人の方も

みなさんそれぞれの思いの中で

過ごしていらっしゃるかもしれません。

 

二学期といえば

私は、石膏デッサンがちっとも楽しくなく

逃げ出した高3の記憶があります。

ラボルト(という丸顔の石膏像)がどうしても、どうしても

シュッとした細面になってしまうんです。。。(^^;)

 

実りのシーズンを迎える一方で

夏の無条件の勢いからいきなり解放される季節の秋、

だから

なんとなく元気が出ないのは、私たちのせいではなく

そう、季節のせいなのです!

 

とはいえ、アンニュイな気持ちを季節のせいにしても

そこから逃げることが難しい時

そしてやっぱりどうしてもモヤモヤしている時、

不安でいっぱいになる気持ちに囚われた時

気分転換に

9月の作品、「森の道」と、その解説を

読んでみてはいかがでしょう。

 

今回のお話では、

鬱蒼とした森の中のような

出口の見えない暗い道を進むひとりの生徒を

木漏れ日みたいにあたたかな光で照らす

とある中学校教師のエピソードをご紹介します(^^)

 

心の中にそっと忍ばせておいて、時々眺めてみたい

そんな一枚です。

もしもいま、暗闇の中にいるような気がしているなら

もしもいつか、暗闇の中で迷うことがあったなら

この風景を思い出してみてください(^^)

 

微かに輝き道を照らす光を

暗闇に差す木漏れ日を見つけられる

手がかりになるかもしれません。

(そうなることを祈りつつ。)

 

大丈夫

あなたのことを見守ってくれる人

支えてくれている人は

いつでもきっとすぐそばに

 

それでは、今月の作品をどうぞ!

 Gallery -長月-《森の道》へは、こちらからどうぞ。

 

関連記事

  1. 2017.12.01

    黄色い〇〇
  2. 《残雪の道》

    2016.03.01

    なごり雪の道

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

【発売中】サイン入り新作品集はこちら!

『美しい驚き』

『美しい驚き』泉谷淑夫・著/出版芸術社/2016/11/08 /定価 3000円+税