【お知らせ】『美術の窓』9月号は、技法講座〈中編〉!

『美術の窓』9月号

こんにちは。

管理人の fu_u です。

泉谷画伯の『美術の窓』で連載中の

技法講座のご案内です(^^)

『美術の窓』9月号で

技法講座の連載〈全3回〉の2回目

泉谷淑夫 構図にこだわった構想画を油彩で描く〈中編〉

が、掲載中です。

引き続き、「EMERGENCY」の制作過程が紹介されています(^^)

《EMERGENCY》

9月号は

【中編】全体のバランスを見ながら彩色を行う

  • 1回目の彩色を行う
  • 彩色のポイント
  • 準備するもの
  • 彩色の手順について
  • 参考:構想画制作のために
    ③羊以外の発想例としての名画の引用表現と展開
    − ミレー作「落ち穂拾い」の場合
    ミレー作「落ち穂拾い」パロディのコンセプト
    「かがんだ人物像」の展開
    スピンオフ作品

 

今回も、8ページのボリューム。

奈義町現代美術館での ArtistCafe での泉谷画伯のトークとスライドショウを

もう一度おさらいできる内容にもなっています。

〈中編〉はいよいよ彩色です。

ところで、この「EMERGENCY」

 

《EMERGENCY》

 

最初に彩色を施されたのは、どの部分だと思いますか??

 

奈義でのトークの中では誰も正解にたどり着けなかった

伝説(!)の彩色手順が、16のプロセスで紹介されています。

興味が湧いた方はぜひ、お手にとってみてくださいね。

 

☆こちらでも、泉谷画伯の記事の様子が紹介されていますよ〜(^^)

『美術の窓』 2017年 9月号 生活の友社ホームページへ

 

 

 

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

【発売中】サイン入り新作品集はこちら!

『美しい驚き』

『美しい驚き』泉谷淑夫・著/出版芸術社/2016/11/08 /定価 3000円+税