小さな天使たち。

こんにちは。

管理人の ふぅです。

おまたせしました!

今月の Gallery -暦-

「Gallery -皐月-」 を 更新しました!

季節が一巡りして、今月から二巡目です。

五月、二点目の作品は「長閑な日」です。

ミカエル、ウリエル、ラファエル、ガブリエル…

絵画ではおなじみの天使たち。
人によっては天使は身近な存在で、
私たちを守ってくれたり、
インスピレーションを授けてくれたり、
Cheer up! 元気づけてくれたり、
癒してくれたりする、心強い存在なのだとか。

今月の作品《長閑な日》のどかなひ には、
4匹の猫が登場しますが
一匹いっぴき、丁寧に、大切に、
愛情深い眼差しで彼らとの想い出が
綴られ、描き出されています。
解説を一通り読み終えたころには
彼らの名前をすっかり覚えてしまっているかもしれません。

そして、みなさん自身の身近な小さい家族たちのことを考えているかもしれません。

言葉を使わずとも、私たちは彼らと心を通い合わせることが出来ます。
小さな彼らはそこに居るだけで、私たちを幸せな気分にしてくれる特別な存在です。
時々わかりあえないこともあるけれど、呼んだら返事をしてくれます。
彼らを見ているだけで、優しい気持ちになります。
彼らのことを思うだけで、私たちは愛を感じることができ、
…ときどき、涙があふれて来ます。

彼らは小さく愛らしいふわふわの姿になって、
わたしたちのもとにやってきてくれた天使なのかもしれませんね(^^)

そんなことを考えていると、背景の空に広がる大きな雲は
白い翼のようにも見えてきませんか?

彼らが今も元気に過ごしているのどかな一日に
絵を見ている私たちの世界がつながっているといいなぁ、

こころが温かい気持ちで、どこまでもどこまでも膨らんでゆきます。

 

それではさっそく、今月の作品をどうぞ

 Gallery -皐月-《長閑な日》へは、こちらからどうぞ。

 

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

【発売中】サイン入り新作品集はこちら!

『美しい驚き』

『美しい驚き』泉谷淑夫・著/出版芸術社/2016/11/08 /定価 3000円+税