陰影と林檎

こんにちは。

管理人の ふぅです。

おまたせしました!

今月の Gallery -暦-

「Gallery -師走-」 を 更新しました!

12月の作品は「射光」です。

 

この作品は、

先日終了しました

「美しい驚き 泉谷淑夫展 2016」@横浜高島屋 で

個展出品作の中でも

人気の高い1点だったそうです(^^)

また、

3つのモチーフと光 (と、台)という

極めてシンプルな構成要素に、

静物画としては

珍しく影の暗さが際立つ作品でもあります。

強烈な光に明らかにされた部分の

ドラマチックな光の演出効果や鮮やかな色彩から

はっとさせられると同時に、

漆黒の影に隠された

もう半分の存在の、どこか不安な曖昧さに

「なんだろうこれは」 と、

作品についつい引き寄せられてしまう気持ち、なんだかわかります(^^)

私は、

画像を確認している時にうっかり回転させてしまったのですが

天地や左右を逆にしても

どの方向からアプローチしたとしても

その印象は変わることなく、バシッと決まっているのです。

例えば、

気分によって様々な向きで楽しむこともできそうです(^^)

解説では、

この作品が誕生した経緯が紹介されていて、

何処で描かれたかは明らかなのですが、

もしもそれを知らなければ

これは宇宙のどこかで描かれた作品なんだ

と言っても

そうかもしれない、と思わせるような

見れば見るほど

この作品のどこだかかわからなくなってくる不思議さは

シュールですよね〜(^^)

 

それではさっそく、今月の作品をどうぞ

 Gallery -師走-《射光》へは、こちらからどうぞ。

 

 

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

【発売中】サイン入り新作品集はこちら!

『美しい驚き』

『美しい驚き』泉谷淑夫・著/出版芸術社/2016/11/08 /定価 3000円+税