【お知らせ】「羊めぐる冒険30年」山陽新聞で紹介されました

YI-20150107

画像をクリックすると、記事を拡大表示します。

 

こんにちは。

管理人の ふぅ です。

もうご覧になられた方もいらっしゃるかもしれませんが

今日は、今月の7日に、

山陽新聞の夕刊の掲載された記事を紹介します。

(山陽新聞さんに掲載の許可をいただきました。ありがとうございました!)

画像から、もうお気づきかと思いますが、

なんと、この日の紙面、トップ記事となっております(^^)

「ことしのえとはひつじ」からはじまるお話。

画伯の、羊を描き続けてきた30年に及ぶ画業の軌跡が、

様々な羊のエピソードと共に紹介されています。

 

「これからも迷える羊を通して、文明批評が続きそうです」と結ばれたところで、

画伯の作品には特徴的な、文明批評という側面について

すっかり忘れていたことに、気づきました。

というのも、

最近は、画伯によってキャンバスに写し出された

羊たちのいる物語の風景の、

その向こう側で育まれているもう一つの世界のことが、

なにかこう、新しい秩序を持つ

新しい時代の、新しい世界の出現を

予感させられる気配のことが、

私には印象的であり、楽しみであり、

わくわくさせらっぱなしだからです。

画伯のエネルギーが、今まさに注ぎ込まれている、

モコモコした煙が晴れた向こうにいつか見えるはずの

全ての人のための物語に、

期待が高まる今日このごろです(^^)

 

新聞記事の中で紹介されている

電球の頭を持つ人物が登場する「旅行者」や、

「顕現」「Paradise Paradox」などの作品は

[ YI Gallery ]で紹介していますので、

そちらも合わせてどうぞ!

[ YI Gallery ]へは、こちらから。 

 

関連記事

  1. 2015.09.01

    永遠のいま
  1. 森木 夏子 2015.02.02 7:27am

    管理人ふぅ様

    特美卒業生(平成6年度入学)の森木夏子と申します。
    早速ですが、山陽新聞掲載ありがとうございました。
    家は読売新聞なので全然知らなかった事と、長く先生からも絵画世界からも
    離れていたので、記事を見られて本当に良かったです。

    先日、私設ギャラリーを訪問したのですが、作品はもちろんの事、泉谷先生とは
    10年ぶりぐらい(?)の再会でして、その時は、ただ絵を楽しんできました。
    記事を読んで、先生の絵に込めた思い、メッセージを知り、あぁそうだったのかと
    改めて知り、また絵を見たくなりました。

    ふぅ様が、どなたか存じあげませんが、直接話せたら良いなぁと思います。
    とりあえず、掲載の御礼を申しました。
    ありがとうございました。

    • fu_u 2015.02.18 8:14pm

      森木夏子さま

      あたたかいコメントをありがとうございました!
      管理人への第一号メッセージに大感激です。
      私はいつもここにおります。
      またお話いたしましょうっ(^^)/

      • 森木 夏子 2015.02.20 7:16am

         ふぅ様

         お返事ありがとうございました(^‐^)
         こちらこそ、よろしくお願いします♪♪♪
         
         

        • fu_u 2015.02.22 2:45pm

          森木夏子さま

          こちらこそ!
          いつもありがとうございます☆
          また展覧会のご感想なども、およせいただけると
          とってもうれしいです〜 \(^^)/

HTMLタグはご利用いただけません。

【発売中】サイン入り新作品集はこちら!

『美しい驚き』

『美しい驚き』泉谷淑夫・著/出版芸術社/2016/11/08 /定価 3000円+税