アーティスト・トークを終えて。

アーティスト・トークの様子(その1)

アーティスト・トークの様子(その1)

当日、私の出番は4番目でしたが、

最初から参加し、他の方々のトークも聞くことにしました。

 

スタートは30人くらいのギャラリーでしたが、

始まるに連れてだんだんと増えていき、

2番目の方の頃は50名ほど、

3番目の方の頃は70名ほどなり、

私の番が回ってきた時には80名を越えていたと思います

(100名はいたという証言も)。

 

一陽会の東京支部や千葉支部の方々を始め、

私の中学校や大学での教え子たち、

私の絵のファンの方たち、

色々な仕事での付き合いのある方々、

さらには兄弟、親戚まで、

知っている顔が増えるにつれ、

私へのプレッシャーも相当なものになっていました。

 

腰と首に音声機器を巻きつけた姿は

ロボットのようで動きがぎごちなく、

緊張を高める効果しかありませんでした。

 

与えられた20分は予想以上に長く感じました。

後で考えたら、

個展の時のギャラリートークはたくさんの絵に触れるので、

40分くらいかかるんだということがわかりました。

 

アーティスト・トーク(その2)

アーティスト・トーク(その2)

 

1点の絵だけについて語るのは大変でした。

それでも参加された皆さんは楽しそうでしたので、

それが救いでした。

終えた後に何人かの方と話しましたが、

メールのやり取りはあったものの、

その時が初対面という方もいて、驚きました。

 

《ENERGY》

 

中には《ENERGY》を「祝祭的イメージ」とは間逆の

破局的な「終末的イメージ」と受け止めた方もいて、

大変参考になりました。

やはり私の構想表現は、両義的なようですね。

 

《ENERGY》は8月の個展にも出品する予定なので、

まだ見ていられない方は個展にぜひどうぞ。

 

泉谷淑夫

 


 

こんにちは(^^)

管理人の ふぅ です。

 

今日は、先週の日曜日、5月10日に行われた

アーティスト・トークの様子をお届けしました!

 

人垣の隙間よりかいま見る光景から、観客のみなさんの熱気と盛り上がりが伝わって来るようですね。

泉谷画伯のトークに興味を持たれた方は、

メッセージの中にもありましたが、

今年の夏(8/22〜30)に倉敷で個展がありますので

こちらでお待ちしています。

おそらく、こちらでは40分コースで楽しめることとおもいます!

ぜひご来場ください(^^)

※展覧会の詳細はまたこちらのブログでお知らせします。

 

アーティス・トークは終了しましたが、展覧会はまだまだ続いています。

《ENERGY》が展示中の展覧会はこちら。

ex2015_0504

公募団体ベストセレクション 美術 2015
2015年5月4日(月・祝) ~ 5月27日(水)
@東京都美術館

※展覧会の詳細はこちらをご覧ください。
公募団体ベストセレクション 美術 2015

 

また、岡山では今週の日曜日まで

《箱入り娘》が「まちなかアートチャリティ再生展」に出品中です。

hakoirimusume

まちなかアート再生チャリティ展
「10×10(テン・バイ・テン)」
2015年5月6日(水) ~ 5月17日(日)
@岡山県天神山文化プラザ

【関連記事】まちなかアート再生チャリティ展に出品します!

 

 

ご紹介しているどちらの展覧会も、たくさんの作家さんの作品との共演となっています。

個展とはまた違った楽しみ方、作品の魅力が発見できそうですね(^^)

 

夏の個展はもちろんですが、

もう少ししたら別の新しい展覧会のご案内が出来ると思います。

 

お楽しみに〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

【発売中】サイン入り新作品集はこちら!

『美しい驚き』

『美しい驚き』泉谷淑夫・著/出版芸術社/2016/11/08 /定価 3000円+税