永遠に枯れない創造の白い泉

こんにちは。

管理人の ふぅ です。

今月のGallery -暦- をお届けします(^^)

2019年  如月の Gallery -暦-は

「牛乳を注ぎ続ける女」です。

 

今回の作品タイトルから、

これは「あの作家」の作品にインスピレーションを得たシリーズ

と、ピンときたファンの方も多いのではないでしょうか(^^)

今回の作品は、去年の10月のGallery暦でも予告されていた作品です。

解説を読んで、確認したところ、確かにこんな記述がありました。

この女性を使った全く別の絵のアイディアも浮かびました。
それはとてもシュールでユーモラスなイメージです。
完成したら皆さんに是非見てもらいたいですね。

>> Gallery -神無月-《温かい場所》

冒頭で挙げたシリーズというのはもちろん、

泉谷画伯の人気シリーズ 【フェルメールの絵画に忍び込んだ猫たち】 です。

これまでのフェルメールの作品にインスピレーションを得た一連の作品では、

主役のスポットは猫たちに当たっていました。

ですが、今回は

ちょっと雰囲気が違います。

ぷかぷかと水面に浮かぶ羊が登場しますが、

彼はあくまで脇役。

気になる主役は何なのか?

背景にも目を凝らして、今月の作品をご覧ください♪

 

ところで、この作品を見てふと思い出したのが

『びじゅチューン!』で見た

「何にでも牛乳を注ぐ女」でした。

今月の作品「牛乳を注ぎ続ける女」を見て

クリエイターたちにインスピレーションを与え続ける

「牛乳を注ぐ女」と、女に注がれる「白い牛乳」は

まるで、永遠に枯れない創造の白い泉のようですね(^^)

 

泉谷画伯の頭の中を少し覗ける(かも?)

この絵が誕生した経緯は解説の中で明らかになりますが、

私も小学生の頃は、こんなことばっかり考えていたなぁと、懐かしくなりました。

でもいつの間にか、

世の中の暗黙の決まりごとの檻の中に

想像力を閉じ込めてしまっていたことにはっと気づかされました。

自分の中にある無限の創造力を、もっと自由に発揮してもいいんだよな〜っと

そう思えるだけで楽しくなってきますね(^^)

 

例えば何かに行き詰まったり、壁を感じた時には、

永遠に枯れないこの創造の白い泉を描いた、今月の作品

「牛乳を注ぎ続ける女」を思い出してみてはいかがでしょう。

 

笑顔になっているうちに、

いいがアイデアが湧いてきそうですよ(^^)

 

それでは、今月の作品をどうぞ!

 Gallery -如月-《牛乳を注ぎ続ける女》へは、こちらからどうぞ。

あわせて、こちらもどうぞ(^^)

>>「何にでも牛乳を注ぐ女」(外部リンク)

 

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

【個展のご案内】美しい驚き 泉谷淑夫展 2018

【発売中】サイン入り新作品集はこちら!

『美しい驚き』

『美しい驚き』泉谷淑夫・著/出版芸術社/2016/11/08 /定価 3000円+税