閃きに輝くその姿に。

こんにちは。

管理人の ふぅです。

おまたせしました!

今月の Gallery -暦-

「Gallery -霜月-」 を 更新しました!

11月の作品は「秋の杜」です。

 

今日ご紹介するのは、タイトルからも想像を掻き立てられるように

色彩の鮮やかさがなんとも印象的な

秋の景色を描いた一枚です。

そして「杜」とあるように

木が茂ってはいるものの、自然の山とは違い

何かの意図を感じさせるような人の手の気配や、

あえて閉ざされた特別な場所である感じさせる

そんな風景です。

今回の解説で一番興味深かったのは

泉谷画伯がこの風景を描くまでの

ちょっとしたプロセスと心の動きの描写されているシーンでした。

最初に目に留まったのはこの杜へと続く一番手前の農道で

それから次第に画家の興味は

この杜の本体へとゆっくりと誘われ

そうしてついに

この「秋の杜」の誕生へとむすばれるわけですが、

この風景の本質を捉えたインスピレーションのシーンでは

無意識で捉えていた形ないものに

やっと出会えた瞬間の喜びを目撃したようで

とっても嬉しくなってしまいました〜(^^)

 

詳細はぜひ、作品解説で味わってくださいね!

 

解説を読んでまたこの景色を見つめてみると

錦で飾られた杜が、なんだか嬉しそうにも見えてしまうのでした。

 

それではさっそく、今月の作品をどうぞ

 Gallery -霜月-《秋の杜》へは、こちらからどうぞ。

 

【お知らせ】

明日から、横浜で、泉谷画伯の個展が始まります。

みなさまのご来場をお待ちしています(^^)!

 

▽▽▽ 展覧会の詳細はこちらのバナーから▽▽▽

emergency180

 

関連記事

  1. 2015.12.01

    師走の色
  2. 2015.09.01

    永遠のいま

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

【発売中】サイン入り新作品集はこちら!

『美しい驚き』

『美しい驚き』泉谷淑夫・著/出版芸術社/2016/11/08 /定価 3000円+税