フェルメールの絵に忍び込んだ猫たちと、?!

《フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち・画室》S100

《フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち・画室》S100

こんばんは。

管理人のふぅです(^^)

 

今夜も、8月20日(木) から始まる

「美しい驚き 泉谷淑夫展 〜月と羊のファンタジー〜」

の展覧会に足を運びたくなるような(希望)

いろいろをお伝えしています、の3日目です!

 

展覧会の見所、二つ目。

「フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち」シリーズについて

ご案内しましょう(^^)

第10回 小磯良平大賞展 で入選に輝いた作品

《フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち・画室》

をはじめ、いくつかこのシリーズの作品をBlogでも紹介してきました。

 

そこで今日は、それらの作品を集めてみました(^^)

 

 

個人的には

最後の画像の、一番左に写っている作品が

とてもとてもとても気になっています(^^)

 

あの作品、今回は展示されるのでしょうか?!とか、

 

何か一つでも興味を惹かれた方はぜひ、会場へ♪

 

今回の展示では、

この、「フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち」シリーズの

《画室》と対になる作品《窓辺》が揃って登場するほか、

40×20cmのシリーズの新作2点も見ることができるようです。

 

S100号の2点が並ぶ迫力の展示、

ぜひ、間近で体験したいものです!

 

今夜もお付き合いいただき、

ありがとうございました。

 

次回は、レインボーの対となる、もう一つの作品をご紹介します。

このBlogでご覧頂くのは初めてですので、どうぞお楽しみに!

 

それではまた明日の夜に、お会いいたしましょう〜(^^)

 

 

展覧会詳細はこちらから  >> 美しい驚き 泉谷淑夫展 〜月と羊のファンタジー〜

 

 

関連記事

  1. 2014.08.28

    《紅あかり》
  2. 三つの蓮の花 右

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

【発売中】サイン入り新作品集はこちら!

『美しい驚き』

『美しい驚き』泉谷淑夫・著/出版芸術社/2016/11/08 /定価 3000円+税