【展覧会】第10回小磯良平大賞展入選作品を展示中!

「フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち・画室」S100号

「フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち・画室」S100号

 

 

こんにちは。

管理人の ふぅです。

今日は、第10回 小磯良平大賞展 で入選に輝いた作品!

2013年 12月8日 まで、神戸で展示中のこちら

「フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち・画室」

を、ご紹介します!

 

ご覧いただく画像は、全図と

部分図3枚です。

 

猫たちが手がかりに

 

どの部分なのか、探してみてくださいね♪

 

neko1.jpg

「フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち・画室、部分1」

 

neko2.jpg

「フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち・画室、部分2」

 

neko3.jpg

「フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち・画室、部分3」

 

 

この絵は3月の個展で発表した
同内容のシリーズの延長上にあるもので、

初めて大きなサイズにしてみたものです。

画面も2対1の縦長から正方形に変えたので、
トリミングが異なっています。

私の代名詞的な「羊の世界」で勝負しなかったのは、
小磯展の審査員が以前とは大きく変わったので、
新しい気持ちでチャレンジしてみようと思ったのと、

個展で始めた新しいシリーズが、
レベルの高い舞台で通用するかどうかを知りたかった
というのがあります。

結果は受賞は逃したものの、
わずか4%の入選率をくぐり抜けることができたので、
一応は満足しています。

作品は12月8日まで
神戸の小磯記念美術館で展示された後、
東京に巡回します。

来年夏の横浜高島屋の個展では、
対作と一緒に並べるつもりです。


▶▷▶「フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち」シリーズの過去の作品はこちらからどうぞ。

 

来年の夏の個展で

この作品と対になった作品とともに展示されるようです!

楽しみですねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

それまで待ちきれない、という方は

神戸(神戸市立小磯記念美術館)では今週末まで、

その後は東京(上野の森美術館)に巡回のようですので

そちらもぜひぜひ、チェックしてみてください。

 

 

◇ 関連リンク ◇
第10回 小磯良平大賞展・審査結果

関連記事

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

【発売中】サイン入り新作品集はこちら!

『美しい驚き』

『美しい驚き』泉谷淑夫・著/出版芸術社/2016/11/08 /定価 3000円+税