『フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち』について

フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち•召使いのいる窓辺

「フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち•召使いのいる窓辺」

こんにちは。管理人のふぅです。

 

「美しい驚き泉谷淑夫展」まで、残すところあと、1週間とすこしとなりましたね♪

 

今日の一枚、DMにもなっているこの作品は、

『フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち』のシリーズのうちの一点です。

あれ?、何処かで見覚えが、、、と

泉谷ファンのみなさんの中には、ぴんときた方も少なくないのでは?

今日は、作品鑑賞の予習にもぴったりな、

泉谷画伯によるテキストをご紹介いたしましょう。

『フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち』のシリーズが

もっとみたくなります(きっと。)

 

『フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち』について

フェルメールの絵には、光が差し込む室内に一人か二人の人物がいる
という構図が多い。
画面には静けさが満ちていて、それを邪魔するような要素、
例えば子どもや犬などは決して出てこない。
では絵の中の主役は誰なのかというと、
画中の人物と答える人が多いのではないだろうか。
たしかに表向きはそうだろう。

しかし真の主役はというと、
それは室内を満たす柔らかい光ではないだろうか。

というのも私がフェルメールの絵で最も心ひかれる部分は、
画中に描かれた窓であるからだ。

フェルメールが描く窓は実に美しい。
正確に言えば、窓から差し込む柔らかい光の描写が素晴らしい。
いくら見ていても見飽きない。
そう思っていたら「この部分を模写してみたい」
という気持ちが起こり、
次いで「この部分だけでも絵が成り立つのではないか」
と思うようになった。

そこで手始めに《手紙を書く女主人と召使》の絵で試したところ、
縦横比を2対1でトリミングすると、
ほどよい緊張感が得られることに気づいた。
しかし窓をトリミングするだけでは私の作品とはならない。
そこで思いついたのが、トリミングした画面に
フェルメールの絵には絶対に出てこないものを描き入れることであった。

そしてそれが私らしいモチーフであればなおさら面白い。

そうなるともうこれは猫しかいない。
猫は犬と違って吠えないので静けさは壊さないし、
そもそも猫は陽だまりの窓辺は大好きである。

「猫ほどフェルメールの描いた窓辺にふさわしいものはいない!」と勝手に思い込んだのである。

こうして『フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち』のシリーズが始まった。
フェルメールの絵をじっくりと模写するのは楽しいし、
微妙な色調を出す勉強にもなる。
さらに“禁じ手”の猫をフェルメールに無断で画面に描きこむのは、
何やら秘密めいていてわくわくする。

ただし「猫がいてもフェルメールの絵の雰囲気を壊さないこと」、
これがこの制作のテーマである。

それが上手くいったかどうかの判定は、絵を見た人にゆだねたい。

泉谷淑夫

 

▶▶『フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち』シリーズの他の作品は、こちらから

 

それではまた。

(ふ)

 

>>>展覧会の詳細は、こちらからどうぞ。

関連記事

  1. 長閑な日

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。