アルカディアなう。

アルカディア

アルカディア

 

こんばんは。

管理人の ふぅ です(^^)

 

今夜も、

明後日、8月20日(木) から始まる

「美しい驚き 泉谷淑夫展 〜月と羊のファンタジー〜」

の、とっておき展覧会情報をお届けしています〜♪

 

この《アルカディア》は
『陽のあたる岡』一陽会岡山グループ 第5回記念展
にも出品されていましたので

記憶に残っている方も多いかもしれません(^^)

 

楕円形の額に入った画面が珍しかったので、

どんなキャンバスに描いているのかを画伯に尋ねてみました。

楕円の板にキャンバスを貼ったもの、に

描いているのだそうです。

なるほど!

よろしければ参考になさってください♪

 

《アルカディア》に描かれている

ちいさな羊たちは、バラバラの方向をむいて

一匹を除いては、みんな上を見ています。

大人の羊とは違って

自由に思い思い楽しそうな様子を眺めていると

羊の幼稚園みたいだなぁと顔がほころんできます。

こどもの頃の夢いっぱいの時代に見ていた景色こそ

理想郷の姿なのかも、しれません。

 

小さい方たちの無邪気な姿から

私たちが忘れてしまった大切なサインを

いくつも教えてもらいました。

 

にこにこ空を見上げればそこは、

アルカディアなう。(笑)

あなたの理想郷はどんな風景が広がっているのでしょう〜(^^)

 

 

 

今夜もお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

いよいよ展覧会前日、

この連載も最終日となる明日は、

「羊と月のファンタジー」シリーズから

ぴかっと光を放っている一点をご紹介します!

 

お楽しみに〜(^^)

 

 

展覧会詳細はこちらから  >> 美しい驚き 泉谷淑夫展 〜月と羊のファンタジー〜

 

 

関連記事

  1. 2015.09.01

    永遠のいま

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。