カテゴリー: Gallery暦

存在していることの奇跡

こんにちは。 管理人の ふぅ です。 今月のGallery -暦- をお届けします〜(^^)   2017年  水無月の Gallery -暦-は 「存生」 です。   今月紹介する作品のタイトル「存生」は、 ぞんじょう と読むそうです。 どうして、6月にこの絵が選ばれたのかの理由は このタイトルに由来しています。 ぜひ解説でお楽しみください(^^) 私、 […]

続きを読む

電球男たちはいま何処へ。

こんにちは。 管理人の ふぅ です。 毎月のGallery -暦- をお届けする 心がホットするコラム〜(^^) 2017年  皐月の Gallery -暦-は 「渇く」 です。   突然ですが、みなさんは電球をご存知ですか? 電球と言っても、ここでいう電球とは 白熱電球のことです。 ガラス球体の中の、フィラメントという部分が光ることで 明かりが灯る、あの電球のこと […]

続きを読む

「モナ・リザ」の微笑み?

こんにちは。 管理人の ふぅ です。 毎月のGallery -暦- をお届けする 心がホットするコラム〜(^^) 2017年4月卯月の Gallery -暦-は 「幻視」 です。   今日は、四月一日 新年度が始まりました〜(^^) 新しい気分に便乗して、 毎月の、Gallery -暦- のイントロ、というか前座(?)のパートに 「心がホットするコラム」 というタイ […]

続きを読む

かたわれ時に出会うのは

こんにちは。 管理人の ふぅ です。 おまたせしました! 今月の Gallery -暦- 「Gallery -弥生-」 を 更新しました! 3月の作品は「春の小道」です。   今日は、少し遅めに 今月の作品の雰囲気に合わせて かたわれ時の更新です(^^) 一般的には、彼は誰時と言われたりしますが 「君の名は。」がロングヒットしている今この日本(世界)では 「かたわれ […]

続きを読む

喜びをもたらす翼の音

こんにちは。 管理人の ふぅ です。 おまたせしました! 今月の Gallery -暦- 「Gallery -如月-」 を 更新しました! 2月の作品は「良い報せ」「希望」です。   新しい年が始まって、今年2回目のGallery 暦です。 あっという間の1月だったような気もしますが やっと終わった1ヶ月、のようにも思います。 明後日、2月3日は節分で、 その翌日、 […]

続きを読む

1月はお年玉特大号〜!

こんにちは。 管理人の ふぅ です。 おまたせしました! 今月の Gallery -暦- 「Gallery -睦月-」 を 更新しました! 1月の作品は「酉年の年賀状」です。   今日は五節句の一番最初の日、人日(じんじつ)。 今ではお正月最後の日として 七草がゆを食べて一年の無病息災を祈る日になっていますね。 皆さんはどんなお正月を過ごされたでしょうか。 初春、初 […]

続きを読む

2017年 あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます! 管理人の ふぅ です。 2017年も泉谷淑夫公式サイトで たくさんの「美しい驚き」に出会えますように! 今日は元旦ですので Gallery暦 新年バージョン 泉谷画伯からの年賀状をお届けします(^^) 毎年、干支にちなんだ仕掛けいっぱいの とっても楽しみな泉谷夫妻の年賀状 今年はどんな一枚が届くのでしょうか〜?! 今年最初のGallery暦、 […]

続きを読む

陰影と林檎

こんにちは。 管理人の ふぅです。 おまたせしました! 今月の Gallery -暦- 「Gallery -師走-」 を 更新しました! 12月の作品は「射光」です。   この作品は、 先日終了しました 「美しい驚き 泉谷淑夫展 2016」@横浜高島屋 で 個展出品作の中でも 人気の高い1点だったそうです(^^) また、 3つのモチーフと光 (と、台)という 極めて […]

続きを読む

閃きに輝くその姿に。

こんにちは。 管理人の ふぅです。 おまたせしました! 今月の Gallery -暦- 「Gallery -霜月-」 を 更新しました! 11月の作品は「秋の杜」です。   今日ご紹介するのは、タイトルからも想像を掻き立てられるように 色彩の鮮やかさがなんとも印象的な 秋の景色を描いた一枚です。 そして「杜」とあるように 木が茂ってはいるものの、自然の山とは違い 何 […]

続きを読む

フェルメールの室内の、楽屋裏から。

こんにちは。 管理人の ふぅです。 おまたせしました! 今月の Gallery -暦- 「Gallery -神無月-」 を 更新しました! 10月の作品は「猫たちといるフェルメール風室内」です。   まずは、こちらの猫さんたちをご覧ください。 このどこかで見覚えのある室内と今月のタイトルから、 「フェルメールの絵に忍び込んだ猫たち」 シリーズの作品だ、と ピン! と […]

続きを読む